スポンサード リンク

2016年10月01日

胃腸風邪の治し方

胃腸風邪に罹ったら絶え間なく吐き気と下痢が押寄せます。さっきまで元気で夕食を食べたのに、急に吐き気がやってきます。続いて激しい下痢の連続です。下痢の症状もはげしいので脱水症状となります。下痢がつづくので脱水症状を食い止めることです。水分の補給をしましょう。

胃腸風邪に罹ったら十分な休養も必要です。そしてインフルエンザの時と同じように手洗いを励行しましょう。外出は出来るだけ避けた方がよいでしょう。どうしても外出するならマスクも忘れないように。

突然に襲う吐き気との闘いで体力も精神力も消耗してしまいます。食事よりも何よりも脱水症状を防ぐために水分の補給が第一の優先課題です。吐き気があるなら食事はしないほうがいいです。

胃腸風邪に罹ったら一番気怖いのが脱水症状です。胃腸風邪のウイルスによって絶え間ない嘔吐と下痢で身体から水分が出て行ってしまいます。
水分補給を第一優先にしてください。胃腸風邪の症状の対処としては、たとえ吐き気がひどくても水分はできるだけ飲むようにしてください。

後はひたすら休養をとって眠ることです。胃腸風邪に罹ったら一番大切なのは、脱水症状に対処する水分の補給と休養です。早く治したいなら体力の消耗を出来るだけ避けるようにします。

抵抗力が弱まっているので、早く体力をつけて回復するよう努めます。食事が喉を通らない場合は、水だけでも摂取するようにします。そして体を十分に温めてください。ひたすらじっと安静にして嵐が過ぎ去るのを待ちます。
posted by 胃腸の風邪 at 13:51| 胃腸の病気との違いを見分けよう

胃腸の病気

胃腸の病気で多いのは、胃潰瘍や十二腸潰瘍です。胃潰瘍は中年以上の人に多く見受けられる胃腸の病気です。十二指腸潰瘍は若い人に多くみられる胃腸の病気です。胃潰瘍や十二指腸潰瘍という胃腸の病気の原因は大半はストレスと言われてきました。しかし、慢性の場合の原因はピロリ菌という細菌であることがわかってきました。ピロリ菌によって胃腸の病気である胃潰瘍や十二指腸潰瘍が引き起こされます。

慢性の胃潰瘍は、ピロリ菌が引き起こす胃腸の病気です。ピロリ菌の造作によって、胃酸と胃壁を守る粘液とのバランスがこわれます。胃壁が胃酸に晒される為に胃壁が荒らされ、爛れて潰瘍が出来ます。胃潰瘍は胃壁がただれたり、傷ついたりする胃腸の病気のことです。症状が進むと胃壁に穴があく病気です。食事の後には胃酸が多く分泌されるので、胃痛が増大します。

胃腸の病気の代表の1つである十二指腸潰瘍は、十二指腸の内側をおおっている粘膜がただれて起こります。ただれが進むと腸に穴があくこともあります。空腹時に痛みがある胃腸の病気です。ストレスなども絡んで胃酸やペプシン等の消化液が過剰に分泌されて起こる胃腸の病気です。十二指腸は胃と小腸をつなぐ消化管です。肝臓から出る胆汁は胆管から十二指腸に取り込みます。膵臓から出る膵液は膵管から十二指腸に取り込みます。十二指腸はそうした働きをするデリケートな消化器です。
posted by 胃腸の風邪 at 13:51| 胃腸の病気との違いを見分けよう

胃腸風邪への対処法

この数年、胃腸風邪は秋から冬にかけて流行っています。胃腸風邪はお腹にくる風邪です。いきなりやってくる突然の吐き気と下痢がその症状です。この病気の原因はウイルスです。ロタウイルスまたはノロウイルスというウイルスが原因だそうです。

この突然の胃腸風邪に罹ってしまったらどう対処すれば良いのでしょう。

基本的には、この胃腸風邪に罹る以前に、日頃から食事に気を配っておくことが大切です。良質の蛋白質を中心にビタミン摂取などバランスのとれた食生活をしておくことです。普段から風邪に負けない体力と抵抗力をつけておくべきです。風邪に罹らない予防として、規則正しい食生活と十分な睡眠は必須です。

この猛威をふるう胃腸風邪に罹ってしまったら、十分な栄養と休養をとることが大事です。さらに頻繁な下痢によって失われた水分を補給することが大切です。温かくて消化のよいお粥などを食べて体を温めながら栄養を摂ることです。体も温めてください。水分補給にはスポーツドリンクなども良いでしょう。

胃腸風邪に罹ったら、頻繁な嘔吐や下痢で身体が脱水症状を起こしています。また、熱がある場合には汗によって水分がなくなっています。脱水状態は、幼児や老人の場合は、特に危険です。

胃腸風邪に罹ったら、まずは、脱水症状を避けるために水分を補給します。第二に栄養のある消化の良い食品を摂取することです。第三に身体を暖かく保つことです。第四にうがいや手洗いを励行することです。
posted by 胃腸の風邪 at 13:51| 胃腸風邪にかかったら

胃腸風邪の下痢

胃腸風邪にかかった時の症状は、突然にやってくる嘔吐とひんぱんにおこる下痢です。「ロタウイルス腸炎」の場合の便は、ほとんど水の状態の便です。米のとぎ汁のように白くにごった下痢になります。下痢の回数も頻繁で、量も大量です。臭いは饐えたようなすっぱい感じです。完治するまでには1週間ほどかかるでしょう。

胃腸風邪の症状の中で、下痢のタイプとしては、大量に白濁した水便が特徴ですが、中には血便の症状となることがあります。また、水便にならずにゆるい便の状態ですむ場合もあります。

胃腸風邪、つまり感染性胃腸炎の症状の特徴の1つは絶え間ない下痢の症状です。大人一般の人に多い米のとぎ汁のような状態の下痢は白痢または白色便性下痢症です。この白下痢は乳幼児の場合は乳児嘔吐下痢症とも呼ばれます。

胃腸風邪にかかって突然見舞われる嘔吐と下痢は苦しいものですが、元気で若い人なら1日で治ってしまう人もあるようです。大体は最低でも3日とかかかるんですけどね。長い人は1週間以上かな。

胃腸風邪に襲われてから約1週間くらいは、嘔吐と下痢で大変だから、食事も満足に摂れない。食事が摂れないどころか、水も飲んだら吐いてしまう人もいます。

理想を言えば、栄養のある食事をしっかり摂ることなんでしょうけど、それが叶わないから大変です。お粥やおもゆを少しでも食べてみてなるべく栄養をつけることが大事ですね。少しでも口に入れてしっかり休養をしてください。嵐が過ぎ去るのを待つ忍耐が大事ですね。
posted by 胃腸の風邪 at 13:51| 胃腸風邪にかかったら

胃腸風邪のときの食事

この冬は胃腸風邪が流行りました。突然の吐き気や下痢がおそいます。一番よい対処法は、お腹をカラにして安静にすることです。
体力も消耗して胃腸風邪にたいする抵抗力も落ちているのでこの際に、栄養をつけなくてはと思います。しかし、食べれば食べるだけ吐いてしまう胃腸風邪なので、食事をまともにとることも出来ません。

胃腸風邪にかかると、吐き気で食べられないのは無論ですが、下痢の症状もはげしいので脱水症状となります。食事よりも何よりも脱水症状を防ぐために水分の補給が第一の優先課題です。吐き気があるなら食事はしないほうがいいです。

水分の補給は優先ですが、吐き気がそれほどでもないなら少しでも食事をとってみた方がいいと思います。少しでも体力をつけた方が回復も早いかも知れないですからね。食べられるなら、やわらかい食事をためしてみればどうでしょうか。やわらかくて食べやすい食品にはヨーグルトとかうす味のスープとかがありますが、乳製品は脂肪分が多いので、思ったより胃腸に負担になるようです。胃や腸に負担がかからないものといえば、お粥などの方がいいかも知れません。

胃腸風邪になったらまずは水分の摂取と休養です。食事は摂取が難しければ、反対にお腹を空にすることがいいかも知れません。

とにかく胃腸風邪になったらまずは水分の摂取と休養です。食事は摂取が難しければ、反対にお腹を空にすることをお勧めします。
posted by 胃腸の風邪 at 13:51| 細菌と感染の怖さを知ろう

胃腸風邪の薬は

胃腸風邪をひいたらどうすれば良いのでしょう?
「風邪」ということだったら風邪薬を飲むのが一番かな?対処の方法を誤ると却って長引くこともあるしね。吐き気があって、食事をするとまた吐きそうになるので、食事はしない方が良いような気がします。頭痛もするし、微熱もあるような気がします。とにかく明日は一日静かに寝ていることにします。

風邪は長引くと抵抗力が弱くなるし、万病の元ともいいますよね。出来るだけ早く直す方が賢明です。風邪には生姜とかにんにくとかが効くと言われてるけど、胃腸風邪の場合はどうなんでしょうね?

友人が先日、病院に行って診て貰いました。胃腸風邪はお腹にくる風邪なので、とにかく吐き気と下痢を止めないことには何もできないって感じです。風邪には汗をかくのが一番という人もいますが、この状態では体力も弱ってるし、外に出て走るわけにもいかないです。今はただ黙って寝ている対処法が得策のような気がします。

ノロウイルスやロタウイルスなどが病原体の感染性胃腸炎のことを胃腸風邪というみたいです。喉が痛かったり咳が出るのは、胃腸風邪とはどうも違うらしいです。胃腸風邪はとにかく吐き気と下痢です。病院にいって診てもらえばすぐに胃腸風邪かどうかわかると思います。どちらにしても今はゆっくり休養することが大事です。吐き気があるのと下痢症状が激しいので水分の補給は必須でしょう。
posted by 胃腸の風邪 at 13:51| 胃腸の病気との違いを見分けよう

胃腸風邪は

胃腸風邪とはなんでしょうか?最近、流行ってるお腹にくる風邪なんですね。要するに細菌による感染性胃腸炎ってことですかね。細菌の名前はよく耳にしますよね。ロタウイルスとかノロウイルスっていう細菌です。この細菌が原因で感染症となるのが胃腸風邪です。この感染症のウイルスに対抗するワクチンを作り出すことができない限り胃腸風邪の特効薬はありません。

この胃腸風邪には、吐き気と下痢が伴います。数日間の吐き気がつづき、1週間ほどの下痢がつづきます。
風邪なので鼻水や咳が出ることもあります。また熱が出ることもあります。

吐き気がある間は、食事も喉を通りません。食事は食べなくて胃袋を空っぽにする方がいいです。ただ、下痢が激しいので水分はとらなくてはいけません。脱水症状にならないように水分の補給は必須です。吐き気も下痢も無理に止めることは良くないので、変に薬局で薬を買って飲まない方が良いです。それよりも、自然に任せるのが一番かも?

胃腸風邪は細菌によって引き起こされる感染症ですので、突然お腹に支障をきたします。風邪の症状というよりも、突然の吐き気に続いて下痢が始まります。食べなくても吐き気はします。そして、下痢は絶え間なく襲ってくるタイプです。

胃腸風邪はお腹にくる症状が顕著ですが、細菌による感染症です。風邪は風邪なので、細菌がうつらない様にすることが大切です。一番はよく手を洗いましょう。
posted by 胃腸の風邪 at 13:51| 胃腸風邪にかかったら